血液クレンジングの効果は?

血液クレンジングとは

血液クレンジングとは

血液クレンジングというのは、単純に直訳すると「血液洗浄」となります。汚れてしまった血液の汚れを取り除き、キレイにするという意味です。これだけを聞いても、じゃあ実際にどうするのかという答えにはなっていませんので解説します。
血液クレンジングでは、老廃物だらけになって汚れてしまった血液を一度体外に出して、専用の機器でキレイに洗浄した後、再び体内に戻すという治療法です。
一度の血液クレンジングの所要時間は約30分。30分間寝ていると、その間に血液がキレイになるというわけです。ここで「え?血を全部抜いたら人間は死んでしまうのでは?」と心配になる方もおられるでしょう。さすがにそれをやってしまうと本当に命に関わるので、それはしません。体外に出す血液は100cc程度なので献血よりも少なめです。
この100ccの血液に医療用のオゾンガスを反応させて浄化します。このオゾンガスというのは酸素原子が3つ繋がったもので、酸素の一種だと考えて下さい。血液は酸素を運ぶ役割を担っているので、酸素がたくさん含まれている血液は健康な状態を維持します。ストレスなどの事情でその機能が十分に発揮されていない時に、血液クレンジングという「強制的な方法」で血液にオゾンを含ませて体内に戻します。
するとオゾンを含んだ血液は体内にある血液と混ざり合うことで反応し、全身の血液に酸素が行き渡って元気になります。血液は酸素をいっぱい含んでいると鮮やかな赤色になるという特性を持っていますが、取り出した時は鮮やかな色をしていなかった血液が、オゾンガスと反応するときれいな赤色になるので、とてもよく違いが分かります。
その見た目にも元気そうな血液を体内に戻して、体内に残っていた他の血液もそれと同じような健康状態にするというのが血液クレンジングです。
血液の老化は全身の老化にもつながるため、血液クレンジングによって若返った血液は全身を若返らせます。この効果が注目され血液クレンジングは、近年アンチエイジングに高い効果があるとして人気になっているのです。


↓↓↓血液クレンジングの申込はこちらから↓↓↓

アリシアクリニック 血液クレンジング



血液クレンジングで健康になる

血液クレンジングとは、自分自身の血液の一部を体内から採取しオゾンガスを使って活性化させる処置を施し、処置済の血液を再び体内に戻して体全体の活性化を図る治療法です。
ある一定の年齢を過ぎると人は老化が進んできますが、老化の原因の一つに自然治癒力の低下があります。
成長期では問題が無かった代謝機能が加齢により衰え始め、体の中に老廃物が溜まりやすくなってきます。
体の中に老廃物が溜まり出すと代謝機能や血液の流れを阻害して、様々な疾患が起こりやすい体になってきます。
血液クレンジングで血液を活性化させることで衰えた代謝機能や血行を良くし、自己免疫を高める事ができます。
日本ではまだ認知度が低い治療法ですが、ヨーロッパなどではガンやウイルス性疾患などの増殖抑制治療に使用され保険適用されているほど一般的な治療法です。その他にも代謝機能が良くなることで糖尿病や動脈閉塞性疾患にも有効です。最近では特に疾患が無くとも血液クレンジングすることによって、体の中の老廃物が排出され肌がきれいになったり疲れにくい体を簡単に手に入れられるのでアンチエイジングの美容法で注目されています。
代謝がよくなることでダイエット効果もありメディアに取り上げられる事が増えてきている治療法です。安全性を考慮して病気の種類によっては治療を見合わせたほうが良い場合もありますが、自分の血液をオゾンガスで活性化させて体に戻すだけなので、副作用もなく安心して治療を受けられます。


↓↓↓血液クレンジングの申込はこちらから↓↓↓

アリシアクリニック 血液クレンジング